会員のみなさまへお知らせ

第2回研修会「認知症のある人へのコミュニケーション・食支援に必要なこと」質問カードへの講師回答

 第4ブース

「認知症のある人へのコミュニケーション・食支援に必要なこと」

 講師:公益社団法人 大分県言語聴覚士会

   株式会社ハビサポ 言語聴覚士 中村 太一氏

【 質問 ① 】

 声が出にくい方に練習できる口腔体操はありますか。

【 講師回答 】

 声がでにくい原因によって訓練方法が違ってきます。

 そのため、一概にこの方法が良いのではとのお答えは難しいです。

 しかし、日常生活の中でのコミュニケーション量が十分にあることは

 誰にでも必要なことです。まずは、会話機会が増える関り・活動を増やしていく、

 歌唱など大きな声を出す機会を増やしていくことが良いかもしれません。

 一度、お近くの言語聴覚士や歯科医師に相談することをお勧めします。

*******************************************************

【 質問 ② 】

 宅配や移動販売などで何度も同じ食材や総菜を買うけど自分では食べない。

 買いすぎを防げる対応があれば教えて下さい。

【 講師回答 】

 そのような行動の原因の分析が大切です。

 また、その行動がご本人にとってどのような意味を持つのかも考えることが必要です。

 ご本人の生活歴などを詳しく振り返りながら原因分析をされると良いのでは

 ないでしょか?そして、買うことを防ぐ対策を立てるのか、

 買う品物を調整(店員さんと相談し、安いものや腐らないものなど)

 する対策をたてるのかなどが見えてくると思います。

*******************************************************

【 質問 ③ 】

 食べたことを覚えていない場合は、

 どのようにアプローチしていけば良いのでしょうか。

(常に食べ過ぎている)肥満や高血圧です。

【 講師回答 】

 覚えていない原因と覚えないといけない理由を整理することが大切です。

 健康管理(肥満や高血圧予防)が必要であれば、ご本人が覚えるための

 対策が有効か、周囲の働きかけ・環境調整にて食べすぎを防ぐ対策が

 有効かなどいくつか考えられる対策をあげると良いのではないでしょうか?

 複数の候補から、ご本人に必要なことに近づくには最も効果が得られやすい

 対策から取り組み始めると良いかと思います。

*******************************************************

【 質問 ④ 】

  特に男の人の支援の時、ついかまえてしまう。

【 講師回答 】

  こちらの不安感や悩みなどは相手に伝わるものです。

  まずは、関わるスタッフが障害などについて適切な知識を持つことが大切です。

  そして、構えすぎず相手に安心感を与えることができるような心持ち・ゆとりを

  もって接することだと思います。

*******************************************************

第2回研修会「認知症とくすり」質問カードへの講師回答

 第1ブース「認知症とくすり」

 講師:公益社団法人 大分県薬剤師会 

    大分大学医学部付属病院 

    薬剤部 副薬剤部長 龍田涼佑氏

【 質問 ① 】

 「薬はかわいそう」と言って投薬を拒む職員と薬を飲ませたい職員への対応。

【 講師回答 】

 基本的には医師が処方された薬剤は処方通り患者さんに飲ませる必要が

 あるかと思います。飲み薬がダメなら貼り薬等もありますので、

 医師・薬剤師に相談してください。 

*******************************************************

【 質問 ② 】

 錠剤を飲み込めない方が増えています。

 粉に変更しトロミをつけて服薬していますが、本来の薬としての効能は

 間違っていないか気になります。

【 講師回答 】

 錠剤と同じ商品名で散剤が販売されているものは、

 それにトロミをつけて内服することは問題ないと思います。

 ただし、錠剤を粉砕して粉薬に変更する場合は、

 薬によって良し悪しがありますので、薬剤師に相談してください。

*******************************************************

【 質問 ③ 】

 認知症の方にどれくらいのタイミングで認知症薬を飲んでもらったら効果的ですか。

【 講師回答 】

 認知症と診断されてから、薬による治療を開始するタイミングは、

 医師が患者さん個々の背景を考えながら決めています。

 医師から薬が処方されたタイミングでしっかりと薬を服用していきましょう。

*******************************************************

【 質問 ④ 】

 認知症と薬で対応し続けることも大変ですが、他の対応はありますか。

【 講師回答 】

 薬以外にもさまざまな治療法(リハビリテーションや心理療法)

 があるかと思います。認知症と診断されて、すぐに薬による治療が

 始まるわけではありません。

*******************************************************

【 質問 ⑤ 】

 漢方薬は長期での服薬が好ましいと聞きましたが、

 効果の出る期間をどのくらいで検討すれば良いでしょうか。

【 講師回答 】

 漢方薬は必ずしも長期的に飲むことで効くわけではありません。

 その疾患によって、薬の効き方も異なります。

 例えば、こむら返りに芍薬甘草湯が効果的ですが、

 それは比較的速やかに効果を示します。

*******************************************************

【 質問 ⑥ 】

 欧米では認知症の薬は使用しない流れになっていると聞きましたが

 本当なのでしょうか。

【 講師回答 】

 確かに、欧米では認知症の薬があまり使用されないケースがあります。

 そもそも、認知症を根本的に治療する薬は現在販売されておらず、

 認知症の進行を抑えることにとどまっています。

 欧米でそれらの薬が使用されないことについては、日本と欧米で

 患者さんの人種差等もありますので、日本でも同じように

 考えていいかどうかはわかりません。

*******************************************************

【 質問 ⑦ 】

 眠剤が処方されている場合、本人が眠れていれば服薬の必要はないのですか。

【 講師回答 】

 薬を飲んでいるから、眠れていることも十分考えられます。 

 薬を飲んで、夜は眠れていて、朝方もぼーっとしていたり、

 日中にまで眠気が持ち越しているようであれば、

 薬の量を減らすことも必要かもしれません。

 ただし、急にやめると症状が悪化することもありますので、

 医師・薬剤師に相談してください。

*******************************************************

【 質問 ⑧ 】

 認知症のある方は薬を飲み忘れたりします。昼訪問すると朝の薬を

 飲み忘れていたりします。そんな時どの薬を飲ませたら良いか

 疑問になることがあります。ちょっとした隙に飲みすぎたりする

 ことがあった時などの対応。

【 講師回答 】

  朝飲み忘れた薬でも昼飲んでいいものや、次の日にずらすものなど

  薬によって対応が異なります。薬剤師に相談してみてください。

*******************************************************

第2回研修会「認知症高齢者の口腔ケア」質問カードへの講師回答

令和元年度大分県介護福祉士会第2回研修会 

    質問カードへの講師回答

第5ブース「認知症高齢者の口腔ケア」

     (歯科衛生士の立場から)

講師:一般社団法人 大分県歯科衛生士会 

   西別府病院 主任歯科衛生士 原 德美 氏

 

【質問 ①】 

 歯ブラシ使用後の管理方法を教えて下さい。消毒や乾燥をした方が良いでしょうか。

【講師回答】

 汚れを流水下で十分洗浄し、次亜塩素酸0.01~1%(商品名:ミルトン・ジアノック)に

 30分浸漬するのが望ましいですが、難しい場合は、流水下でよく洗浄してください。

 歯ブラシの先を上にしてコップにたてて十分乾燥させることも大切です。

 食器乾燥機で乾燥させているところもありますが、自宅と同じように、歯ブラシの毛先が

 開いたらプラーク除去率が下がるので、交換するように心がけてください。

 1~2か月1回くらいでしょうか。障害者施設の方は、利用者さんが咬反射で、

 すぐ毛先が開きます。重症心身障害者の病棟では、1か月1回交換しています。

 噛まないようプラステック素材の指サックを使用する場合もあります。

 *******************************************************

【質問 ②】

義歯を外す時抵抗されてしまいます。落ち着いた時でも噛まれてしまうことが多いです。

【講師回答】

 落ち着いた時は、いつでしょうか。本当に義歯の適合は良いでしょうか。

 残っている歯や粘膜に痛みはないですか。粘膜にカンジタ(白い偽膜形成する)が

 あるとヒリヒリして痛いこともあります。溝がある等口腔が乾燥していると疼痛を

 訴えられる方がいます。あと、噛む反射が強く、何でもかみつきたい方もいます。(笑)

 口腔ケアをする時に、指で口を開けようとすると、指を噛みつこうとする方がいました

 声かけてごはん食べた後毎回、口腔ケアを習慣にしていたら治りました。

 私の指は、食べ物ではないと認識していただけたのでしょうか。

 奥歯の咬み合わせの面や、側面をさわると、咬む反射がおきますからそこに指はおかない

 ようにします。バネがある義歯でしたら、両方のバネを一緒に動作をする。

 義歯のくせがあります。笑顔で優しく声かけも大切です。

 すこし外す前に目をみて合図するとよいかもです。

 肩を2回トントンと合図して、「○○さん、入れ歯きれいにしますから、外しますよ」

 「私にみせてください。」自分で、外すよううながしてみるのはいかがですか。

 意外とできる方、多いですよ。アプローチの方法はさまざまですね。

*******************************************************

【質問 ③】

 ファストンをつけて義歯をつけている方がいますが毎回つけるので先ずは義歯の調整を

 した方が良いですか。また、歯もなく義歯もつけない方の食事が心配です。

 歯茎だけで食事をすると身体に悪影響がありますか。

【講師回答】

 できれば義歯の調整をおこなった方が良いと思います。

 ファストン結構お高いですよね。たぶんやせたりすると歯ぐきも痩せます。

 口腔機能低下してあわなくなることもあります。口腔乾燥の方だと保湿剤を塗って

 あげることだけでも良いかもしれません。窒息のリスクも高くなるので、

 必ず食事場面は観察してください。食事形態の幅は狭くなります。

 柔らかい炭水化物が増える傾向にあるそうです。硬いものは、噛めないので

 脳血流は悪くなり、栄養の吸収も噛めるかたのほうが、アミラーゼ酵素で

 分解されるので良いです。

*******************************************************

【質問 ④】

 義歯を装着するのにポリグリップが良いでしょうか、粉のタイプの物が良いでしょうか。

【講師回答】

 ケースバイケースです。ポリグリップは、維持力は強いですが、

 つける量が多いと歯ぐきや粘膜にはりつき、除去しづらいです。

 あと適切な位置で1分間おさえておくことが明記されています。

 粉のタイプは、余剰分を取り除かないと義歯がうきますし、口腔乾燥が強いと

 吸着が不十分なことがあります。

 1度かかりつけ歯科医院に行くことをお薦めしてみてください。

*******************************************************

【質問 ⑤】

 口腔ケアも一人一人違ったケアも必要と改めて感じました。

 歯ブラシをあてるのも基本を知るということを学びました。

【講師回答】ありがとうございます。

*******************************************************

【質問 ⑥】

 口腔ケアの重要性が実に大切だと感じました。自分の歯磨き方法も一度見直したいと思います。

【講師回答】

 鏡をみながら、時間ある時は丁寧に磨いてください。ありがとうございます。

*******************************************************

【質問 ⑦】

 脳からP、ジンジバリウス細菌が発見されたということはどういう意味合いでしょうか。

【講師回答】

 P,ジンジバリウスは、歯周病菌の中でもの大魔王のような悪い菌なのですが、

 毛細血管を通して全身にまわります。いままでは、亡くなった方の髄液からは、

 発見されていましたが、ご存命なアルツハイマー型認知症の方から発見されたのです。

 それが、2019年の1月に海外の学会で発表され、アルツハイマー型認知症の予防薬にと

 製薬会社が研究しているそうです。なので、歯周病治療は、認知症予防にも効果がある

 のではないかということです。

*******************************************************

【質問 ⑧】

 歯ブラシをどうしても交換できない患者様がいます。

 長くきれいに保つ方法などあれば教えて下さい。

【講師回答】

 歯ブラシは消耗品なので、お願いですから劣化したら交換してあげてください。

 しいて言えば良く水洗いして、きれいに保つことです。

 強い力でゴシゴシ磨くとはやく毛先が開いて、

 劣化が進むかもしれません。

*******************************************************

【質問 ⑨】

 入れ歯があるのに使用しない方がいます。(痛い、違和感の訴えがある)

 何か良いアプローチの仕方はありませんか。

【講師回答】

 義歯の適合がよいかが気になります。ほんとに痛いのでしたら、苦痛なので、

 どこがどう痛いのかを探してみてください。全身的に嘔吐反射や胃食道逆流など

 ないでしようか。のどの奥なのか、手前、舌、粘膜の違和感なのか聞いてみてくださいね。

 原因でアプローチの方法はかわりますが、まずは、ごはんを食べていないとき、

 10分から義歯装着の練習をしましょう。少しでもできたら、大げさにほめる。

 義歯の奥に違和感あれば、歯科医院で少し小さく削っていただいたり、

 痛いところは、歯槽骨の隆起があり、あたっているかもしれません。

 それも義歯調整が必要です。姿勢はいかがでしょうか。

 姿勢一つでかみあわせがずれて痛みを感じることが、あります。

*******************************************************

【質問 ⑩】

 少しやせたりして入れ歯が緩くなり、食事中に外れる方はどのようにすれば良いですか。

(新しく作り変えることは難しく在宅で動けない方です。家族も受診介助が難しい状態です)

【講師回答】

 粘膜のたりないところをたすタイプの義歯安定剤があります。

 タフグリップでしたかしら、ドラックストアに売っています。

 歯ぐきがやせてゆるくなりました。というとわかると思います。

 ピンクでだんだん硬くなります。1週間くらいはもちますが、不潔になりやすいので、

 良く洗ってくださいね。できたら、訪問歯科で1回みていただくとよくわかりますよ。

*******************************************************

【質問 ⑪】

  長年入れ歯をせずに歯茎だけで食事をされている方、

  それでも良くかんで食べています。

  そういう方の場合はそのままでも良いのでしょうか。

  又、口腔ケアはどのようにするのが良いでしょうか。

【講師回答】

  何歳の方かわかりませんが、85歳過ぎると新しい義歯は、なかなか受け入れが困難です。

  年齢だけではありませんが、長年義歯未使用だとこれから難しいと思います。

  ただ、嚥下の能力はだんだんさがりますから、むせはじめたとか、食事時間が長くなった。

  うがい中むせる。などの観察は、必要です。口腔内環境は、粘膜ケアと舌ケアが重要です。

  特に舌の力は嚥下機能と相関がありますから、歯ブラシやスポンジぶらしで、

  奥から手前に汚れをふき取ってください。お口の体操も、めじろん元気アップ体操してください。

*******************************************************

【質問 ⑫】

 高齢者の中にはせっかく作った入れ歯も中々あわないと言い、

 着けないでいる方も多くいます。

【講師回答】

  義歯は、ひとりひとり違いますから、作ってもすぐにあうとは、限りません。

  何回も調整するかたもいます。食べるための道具ですから、杖と一緒です。

  杖の使い方を1歩から練習するように、食事以外の時にいれて、好きなおやつ食べるとか。

  最初から、杖ついて走りません。最初は、柔らかい食材を1口食べてみましょう。

  義歯を入れたら最初からなんでも、ガシガシ食べられるようになると期待している方が

  多いと思いますが、どんなに良い義歯でも、自分の歯40%くらいと言われています。

  私は、実際義歯使用していませんのでわかりませんけれども、多くの患者様は、

  義歯装着したらお口の体操から練習します。食べる時どんなふうに使っていただいているか

  食事場面の観察を行っています。咬み合わせの調整を行うことで、義歯使用できる

  こともあります。ぜひ歯科関係者と連携をとっていただけると嬉しいです。

第2回研修会「認知症の方への食の支援とかかわり方」質問カードへの講師回答

令和元年度大分県介護福祉士会第2回研修会 

    質問カードへの講師回答

第3ブース「認知症の方への食の支援とかかわり方」

公益社団法人大分県栄養士会 会員

特別養護老人ホーム茶寿苑 管理栄養士 曾我 優子氏

【質問①】

 認知症の方に好物を提供すると落ち着いて笑顔で過ごして頂けるようになり

 介護している側としても喜びを感じます。ご本人の病気の関係で思うように

 好物を提供できず、そのことで気分を害してしまう場面があり辛い気持ちになります。

 そのような場合はどのように対応したらよいでしょうか。

【 講師回答 】

 研修内でもお話させていただいたように、自身のことを理解してもらえると気分が良く、

 居心地も良いため、とても穏やかに過ごす様子が伺えます。

 食事と併せて『好物だと嬉しい、食べたい!!』と食も進みます。しかし、疾患に関連して

『好物を口にする機会が少ない、ない』といった場合は、食欲が低下し摂取量が減ることで

 低栄養や脱水になる危険性が高まります。

 空腹で不穏やイライラの行動が介護拒否や暴言、事故の原因にも繋がります。

 声をかけて、会話から思い出を引き出すことで『勧め上手』になっていただくことが

 大事なコミュニケーション力とスキルアップ゚に繋がると思います。

『どうしても、食事量が低下して・・・』 

そのような場合は・・

イ) 調理方法を変更してみる。 (苦手な調理法や提供された環境整備や食具ほか)

ロ) 食材や食品を変更してみる。 (食感や食形態の不快感ほか)

ハ)提供スタイルを変更してみる。(ワンプレートや弁当箱を使う、おやつ会などレクと兼ねる)

ニ) 疾患に合わせたおやつ(補食)の検討・提供 

 ※必要な栄養量を『美味しく食べる、楽しみのある食事』が一番必要になってきます。

*******************************************************

【 質問 ② 】

 低栄養、脱水はとても気になりますが、中々水分補給もできない状況もあります。

 少ない量で回数を増やしてあげるのも良いでしょうか。

 

【 講師回答 】

 水分補給のタイミングも人それぞれですが、高齢者の特徴の一つに

  イ)一度に飲む量よりも、少量を頻回に摂る

  ロ)一つ動作の前後に合わせる

  ハ)嗜好(嗜好品の提案、適温、トロミの必要有・無)を活かす

  ニ)アイスクリームやゼリー、ラムネなどの水菓子など好物を検討

*******************************************************

【 質問 ② 】

簡単にできる口腔体操が知りたい。

【 講師回答 】

『めじろん元気アップ体操』や歯科衛生士会から『歯ん健体操』など掲載されています。

 

*******************************************************

【 質問 ③ 】

  詳しい情報を知ることができ(各認知症)引き出しを増やすことができました。

【 講師回答 】

『詳しく知ることが出来て良かった』とのご意見、ありがとうございます。

 認知症は多種多様なケースも多く、個人によって様々な状況に相違が見られます。

 『これが正解!!』と言えない分、周囲の環境(関わり方や場所設定など)多くの

 事例に対応していただくことで、引き出しはさらに増えると考えられます。

 

*******************************************************

【 質問 ④ 】

 味付けを濃いめにしないと食べない利用者の支援で、訪問看護からは

「血圧が高くなるので薄味、減塩で」と指示がありますが、健康状態も踏まえ

 食事提供するにはどうすれば良いでしょうか。

 

【 講師回答 】

 高齢になってからの減塩・低塩は困難なケースも多く、悩んでいる方も多いです。

 長年の食生活の習慣と併せて調理法のみではなく、食べ方や選んでいる食品そのものが

 合っていない場合も考えられます。本人にあった食品選びの知識や気づき、それらを

 工夫することが大切ではないでしょうか? 簡単な工夫であれば・・・香味野菜の活用も一つ。

 イ)切り方を薄くすることで、味付けの入り(浸透)も良く時間も短くなる。

   さらに、下味の漬け込み量も少なく出来、少量で低塩できる。

 ロ)かけ醤油よりつけ醤油に変更すると、食品が調味料を吸い込まないよう工夫できる。

 ハ)一口食べてみて・・からスプレー式などで表面にミスト状に味がつくことがわかる。

 ニ)減塩商品も一案ですが、たくさん使えば同じ。調味料など小皿の最小化も一工夫です。

 

*******************************************************

【 質問 ⑤】 

 高齢のご主人が寝たきりの奥さんを自宅で介護しているお宅に訪問しています。

 食事は毎食ご主人が作っていますが365日毎回同じものです。

 (おじや、缶詰のさばをほぐした物、市販の白和え)

 その日その時間の奥さんの状態にもよりますが、食事が進む日、全く食べない日と極端です。

 高齢のご主人にもっと違うものをと言いたいところですが、中々その話をするのも申し訳ない感じです。

 何か良い方法はありますか。(本人も美味しくないと言います)

 

【 講師回答 】

 ご主人が介護していても、毎日同じ食事や缶詰・市飯のお惣菜ほかでは飽いてしまうことは、

 どなたにも言えることと思います。よく実践して気づくことは、お寿司(簡単寿司の素)

 やそうめんなど(細麺)を使って温麺なども喜ばれる料理です。さらに、

 口当たりのよいアイスクリームや新鮮果物も口中がさっぱりします。

 さらに嗜好に合えば、たこ焼きや焼きそばなど香りのはっきりしたソースの匂いが

 刺激にもなり食欲が出るようなケースもあります。認知症の場合、

 一緒に行動していただくことで『これから・・』食べるという行動に繋がり、

 活動があれば空腹も感じられることになります。嗜好や味覚は個人によって違いがあるため、

 必要な必須情報になるかと思います。

*******************************************************

【 質問 ⑥ 】

 中々食べようとしない時の声掛けはどのようにしたら良いでしょうか

【 講師回答 】

 質問①でも説明させていただいたように、得意だったこと、趣味を交えて楽しく過ごした

 日々の振り返り、思い出と一緒に好物を聞きだすことで調理法や食品、さらにおやつ会や

 食事会など一緒に関わって役割を持っていただくことで昔話と併せて声をかけています。

 季節の移り変わりや、食べたいものが描けるか?伝えられるか?はとても良い刺激になると

 考え実践しています。手と眼を合わせ、正面から向き合い視野に入ること。

 声の大きさやトーン(抑揚)とソフトにボディタッチしながら心地よい刺激が入り口になり、

 会話の内容は食事だけに拘らず、急ぎ過ぎず、周り(環境など)から思い出を引き出すこと。

 会話の中から『勧め上手』『褒め上手』になっていただくことが何より大事と思います。

 おわりに・・・

 最期まで、『美味しく食べること』の継続は簡単なようですが、

 容易ではないことも増えてきます。いろんな関係や環境によって様々な模様を描きます。

 「食べて、食べて!!」の思いが、自分で食べたくなるには?何がどのように整えば

 可能を継続できるのか?

      ・個人一人ひとりを見ること。

      ・アセスメントを行なうこと。

      ・目標と現状から、課題を導き出すこと。

これらを念頭に、この先も『元気と笑顔を携えて・・・』とスタッフ一同願っています。

いろいろなご意見、お問い合わせありがとうございました。

第2回研修会「認知症ケア~認知症の方の気持ちを理解しよう~」質問カードへの講師回答

令和元年度大分県介護福祉士会第2回研修会 

質問カードへの講師回答

第2ブース

「認知症ケア~認知症の方の気持ちを理解しよう~」

講師:公益社団法人 大分県看護協会 

別府医療センター認知症看護認定看護師 坂本 理恵 氏

【 質問 ① 】

 認知症の方の気持ちが理解できない職員への良い指導方法はありますか。

【 講師回答 】

 患者さんの気持ちを理解してもらい指導していくのは難しいですよね。

 私も試行錯誤して研修を行っています。

 私は、認知症の症状(認知機能障害や行動・心理症状など)を説明し、

 パーソン・センタード・ケアを提唱されたトム・キッドウッド教授が書かれた詩

 【よくない状態の詩/パーソン・センタードではないケア】を読んで患者さんの

 気持ちを想像してもらったりしています。研修後、受講してくださった方からは

 「認知症の方のつらい気持ちを感じました」と感想をいただいたりしました。

 もしかしたら職員の方に響くこともあるかもしれませんので使用してみてください。

 その詩を下記に添付しておきますのでよかったら研修の際などに使ってみてください。

 また、YouTubeの温情判決】

 (京都府で起きた実際にあった事件をまとめている動画2分36秒ほどのものです)を

 見てもらうなどすると認知症のことを学びたいと思ってくれる

 職員さんが出てくるかもしれません。

 *******************************************************

 よくない状態の詩/パーソン・センタードではないケア

 薄暗く、そして霧が立ち込めている。なんだか知っている場所のような気もするし、

 初めての場所のような気もする。ここがどこなのか分からないまま、ただ歩き続けている。

 暑いのか、寒いのか、昼なのか夜なのか、検討がつかない。たまにモヤが引くと、

 その時だけ周りの物がはっきり見えたりもする。でも分かったかと思うと、

 ドッと疲れを感じて、また同じように分からなくなってしまう。

 濃いモヤの中を歩いていると、周りに人が何か不気味な話をしながら

 過ぎ去っていくような気もする。その人たちは、とても元気で何か

  しようとしているように見えるが、何をしているのかは分からない。

 ところどころ、言葉の端に自分のことを話しているようにも思える。

 ときどき、懐かしいものがあるのに気づいて、近づくと急にそれは姿を消したり、

 得体のしれないものに姿を変えてしまう。すべてを失った感じがして一人ぼっちだ。

 どうしてよいのか分からず、すべてがこわい。

 その上、トイレや食事も満足に自分ではできない。

 自分の体が自分の思うように動かず、

 何か自分が汚くていない方がよいのではないかという感じがする。

 昔の元気な自分はどこか遠くに行ってしまい、ここに居るのが果たして

 自分なのか分からない。

 あっ、取り調べがはじまった。偉そうな人達が来て、私には到底できないような、

 わけの分からないことをしろというのだ。100から逆に数字を言うように強要したり、

 「50歳より年の人は両手を頭の上に挙げて」と言ったり。

 彼らはそれでいて、その尋問が何のためかは、決して言うことはないし、

 その結果をどう思うかも言うことはない。

 もしも、何のためにするのかを教えてくれていて、

 誰かが適切に導いてくれるのなら、喜んで出来ることはしようと思うのに。

 でも、これが現実なんだ。すべてが散り散りで、何の意味があるのか、

 これから、どうなっていくのかも分からない。かつて、自分がどこに居て、

 何をすべきか分かっていたころ;ひとりぼっちじゃなく、持てる力で、誇りを持って、

 毎日の務めを果たしていたころ;日は明るく自分を照らし、人生が味わい深く、

 変化に富んでいたころ;そのころの素晴らしい時は、暗闇と霧に紛れて、

 うすぼんやりとしているだけだ。

 ところがどうだ。今はあらゆるものが、無残に壊され、混沌とした中で、

 たった一人取り残されている。あるのは、ただ、二度と立ち直れないような、

 喪失感だけだ。かつては、自分だってまともな人間として扱われていた。

 でも今は、一人の人間としての価値はなくて、ただの用無しだ。

 少しでも相手に強く出られると、裸同然と言っていいほど無防備だ。

 そして、これはこれから先、ずっと見捨てられて、崩れ去って、

 人間じゃなくなるようなもんだ。

(Tom Kitwood,Dementia Reconsidered:the person comes first, open University PressBuckingham,1997より:水野 裕訳)

『実践パーソン・センタード・ケア』水野 裕 ワールドプランニング社 東京 2008年

*******************************************************

【 質問 ② 】

  認知症がある方との関わり方、13のポイントとてもわかりやすく、

 実践したいと思います。

  

【 講師回答 】

 ありがとうございます。13ポイントを意識して接して頂くと患者さんと

 なじみの関係を築きやすくなるのではないかと思います。

 患者さんとなじみの関係を築いていくとケアがスムーズにいくことが多く、

 なじみの関係づくりは大事だと私は思っています。

 

*******************************************************

【 質問  ③ 】

 うつと認知症の境がわかりにくいです。

【 講師回答 】

 うつと認知症の判断は難しいですよね。認知症の初期症状には自発性が低下し、

 意欲がなくなることもありますので。

 高齢者は親しい方の死別を体験したり、退職など役割の喪失体験をする世代でもあります。

 そのため、うつ病になったり、注意散漫になって生じた物忘れが記憶障害と

  間違われることもあるかもしれません。

 本当は認知症なのにうつの診断がつき、抗うつ薬や抗不安薬が処方されると

 認知症が悪化することもありますし、逆にうつ病を認知症と間違われて、

 症状が改善せず、精神的にも身体的にもつらい状態が続く可能性もあるかもしれません。

 認知症とうつ病は専門家での鑑別が難しく、中には併発している場合もあるかもしれません。

 どちらの可能性も頭におきながら、症状を丁寧に観察し、医師へ症状を伝えて、

 専門的な医療機関での検査につないでいくことも大切ではないかと思います。

 認知症とうつ病の違い、アルツハイマー型認知症とうつ病の違いを表にしてまとめました。

 よかったら参考にしてください。

 

認知症

うつ状態(うつ病)

発病様式

ゆっくり

急速に出現

初発症状

物忘れ、記憶障害など

抑うつ症状 食欲低下、身体の不調、不眠など

症状の訴え方

症状を軽く言う

知能低下を強く訴える

病識

気づかないことが多い

あり、失望している

日常生活

介助が必要

独力で身辺整理可能

 

 

アルツハイマー型認知症

うつ病

物忘れの自覚

あまりなく深刻ではないことが多い。何かおかしいと感じ不安を抱えていることもある

ある「こんなにわからなくなってしまった」など悲観的になりやすい。

会話のやり取り

質問されると誤った答えを言ったり、つじつまを合わせて取り繕ったりする傾向がある

問診などで質問されても「わからない」と答える傾向がある。能力の低下を招く

*******************************************************

【 質問 ④】

  通所利用時、送り出しで自宅に訪問するのですが、

  行かないと言って家の中に入れてもらえない方の

  対応方法などあれば教えてもらいたいです。

【 講師回答 】
 利用者の人がデイサービスやデイケアを拒否する。スタッフとしては本当に困りますよね。

 このような患者さんは多いと思います。

 患者さん側にしてみると、「自分のことは自分で出来る」とプライドがある方や、

 「介護されるなんて情けない、気恥ずかしい」「介護をしてもらって迷惑をかけたくない」

 などの思いを抱えているかもしれません。また、認知症が進むとデイサービスやデイケアなどを

 利用する意味が理解できないこともあると思います。

 ケアマネさんや家族、その人の親しい人などにも協力をお願いし、「なぜ行きたくないのか」

 本人へ理由を聞いてみる、デイケアやデイサービスを利用するメリットを根気強く

 本人へ伝えてみるのはどうでしょうか。

  また、本人ができそうなことがあれば、手伝ってもらいなど役割をもってもらうことも、

 もしかしたら効果があるかもしれません。人間いくつになっても人の役に立ちたいという

 思いがあるのではないかと思います。デイサービスという言葉はあえて使わず、

 お茶出しの手伝いをしてほしいなどで誘ってみてはどうでしょうか。

 私もかかわっていた患者さんでデイサービスを拒否していた方がいました。

 (デイサービスを数回利用したことがある方でした)本人に拒否の理由を尋ねたときは

 「あんな所には行かない」という返事でした。ケアマネさんへ何かなかった変化が

 なかったか尋ねてみると同じデイサービスの利用者さんから物忘れすることを

 バカにされたということがわかりました。その後、ケアマネさんと協力し、

 デイサービス利用の曜日を変更し、本人が得意な俳句を他の利用者に教えて

 もらうなどを計画しました。かかりつけ医からもデイサービスに行くように

 勧めてもらい、利用していたヘルパーさん(本人が頼りにしていた方)からも

 勧めてもらうようにしました。何度か声かけしていき、デイサービスの再開が

 できました。この解決法がすべての人にあてはまるかはわかりませんが、

 試せるようなことがあれば試してみてください。

*******************************************************

 

【 質問 ⑤ 】

 わかりやすい説明で学ぶことが楽しかった。

【 講師回答 】

 ありがとうございます。研修を行っていく励みになります。

*******************************************************

 

【 質問 ⑥ 】

 現在訪問している方で常に怒りの感情をあらわにします。

 デイサービスの送り出しの為に伺っていますが、勝手口の所で中に入ることも難しく

 「デイは行かない」とかたくなに拒否され「家に来るな」と言います。

 時には押してみたり引いてみたりしてみますが怒り、拒否強い状態です。

 自宅での入浴ができず、隣の娘さんも困っています。デイサービスの利用の

 キャンセル電話を本人の前ですると笑顔になります。どのような関りをするのが良いでしょうか。

【 講師回答 】

 なぜ、デイサービスを拒否するのか理由は思い当たりませんか。

 本人へ尋ねてみることはできるでしょうか。本人が拒否するには何らかの

 理由があったのではと質問を読んで思いました。

 家族やケアマネさんなど利用者さんのことをよく知っている人が拒否する理由を

 知っているかもしれませんので情報を集めてみるのも大切なのかもしれません。

(④の質問の回答がヒントになるかもしれないです)

 自宅での入浴が難しいという問題もあるのですね。

 認知症高齢者の方は記憶障害や見当識障害などから理解力・判断力も低下し、

 入浴するというのが何をすることなのか、何をされることなのか瞬時に

 わからなくなっていることも考えられますし、入浴の動作をスムーズに

 やり遂げられるかわからないことによる不安などが入浴拒否につながって

 いるかもしれません。また、認知症の患者さんはいろんなことがおっくうに

 なってくるということもありますので、入浴もめんどくさいと思ってしまうかもしれません。

 もし、通所での入浴介助が難しいのであれば、訪問入浴のサービスなどの

 検討は難しいでしょうか。

 以前、自宅から出たがらず、入浴も拒否している患者さんの相談を受けたことがあります。

 その方は通所系のサービスをはじめから入れるのが難しい様子であったので、

 家族とも相談して訪問のサービスを導入することにしました。本人へも説明し、

 拒否がなかったので、訪問看護を利用し入浴介助も行ってもらうようにしました。

 入浴拒否の理由はめんどくさい、裸になるのか嫌、寒い、などだったようです。

 入浴拒否されたとき、足浴や手浴など行い、タッチングもとりいれながら

 コミュニケーションをとり、信頼関係を築くようにしてもらいました。

 その後、訪問看護時、毎回入浴はできなかったようですが、

 少しずつ入浴介助ができるようになりました。

(人それぞれかもしれませんが、訪問介護を拒否された患者さんに訪問看護を

 進めてみたところ拒否がないというケースが多かったです。

 まずは看護師の訪問から初めて、次のサービスにつなげていくとうまくいったこともあります。)

 本人の目線に立ちながらなぜ入浴したがらないのか、患者さんの情報を

 整理してみると何か解決の糸口が見えてくるかもしれません。

 研修で話した《思いを聞く》→《情報を集める》→《ニーズを見つける》ことを

 していくとよいかもしれません。

 

*******************************************************

【 質問 ⑦ 】

 持ちに寄り添ってゆっくり対応したいが、限られた時間内での支援で難しいことが多い。

【 講師回答 】

 認知症の患者さんにゆっくり接したくても業務に追われていると難しいですよね。

 勤務の時は視線を合わせ、笑顔で患者さんに自己紹介してあいさつをする。

 その際によろしくお願いしますと握手を求めてみるから関係性を作っていくので

 よいのではないかと思います。

 かかわるときはなるべく快の刺激を与えるようにケアを行っていくと患者さんも

 笑顔で優しい人と感じることができるのではないかと思います。

 その際に日付や時間、季節の話題などを少しだけ入れていただくと現実見当識を

 補うことができ、患者さんの不安の軽減につながってくと思います。

 時間があるときは、患者さんの好きなこと、趣味、職業、家族のことなどを

 聞いてみてください。

(男性は職業のこと 女性は子供のことや趣味の話などをすると色々話を

 してくださるかもしれません。)昔の記憶は宝物といいますが、

 生き生きとした表情でお話をしてくださる患者さんが多いです。

 つらい、戦争の話をされる方などもいらっしゃいますが、共感しながら

 聞いてもらえると患者さんもうれしいと思います。

 できることから初めてみてください。

実習指導者講習会第2グループ(後半)の開催延期期日について(ご案内)

実習指導者講習会第2グループの後半の講義は、

開催が延期となりました。日程は下記のとおりです。

 なお、受講者の所属施設長様宛にご案内の文書を郵送しております。

 

                     

                                                                       大介福発 第73号
                            令和2年2月29日

関係各位

                  一般社団法人 大分県介護福祉士会
                       会 長  田 中  努


【重要】新型コロナウイルス感染症対策に伴う
「実習指導者講習会 第2グループ(後半)」の 開催日程変更について(お知らせ)

時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。本会事業の推進に

つきましては、平素よりご理解、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、標記講習会を 貴施設職員の方に受講して頂いておりますが、

新型コロナウイルスの感染が新たな局面を迎えており、

予見が難しい状況となっております。本講習会におきまして参加者・

関係者の健康面・安全面を最優先すべきであることと、介護現場での

実習生の受け入れにあたる実習指導者は必須であるという観点から

2020年3月14日・15日に開催を予定しておりました標記講習会の

開催を下記のとおり日程変更いたしました。
会期直前のお知らせとなり誠にご迷惑をおかけいたしますが、

受講者様へのご周知も併せてご了解の程宜しくお願い申し上げます。


 なお、今後の状況により変更後の開催につきましても改めて

ご連絡を致す場合がありますので、どうかご理解を賜りますよう

宜しくお願い申し上げます。

            記

実習指導者講習会 第2グループ(後半)に日程変更について


変更後スケジュール 
3日目:変更後期日:令和2年4月25日(土)8:30受付9:00開始

変更後会場:大分県社会福祉介護研修センター302

      変更前期日:令和2年3月14日(土)


4日目:変更後期日:令和2年4月26日(日)9:00受付9:30開始

変更後会場:大分県社会福祉介護研修センター302

     変更前期日:令和2年3月15日(日)


< 問い合わせ先 >                      
一般社団法人 大分県介護福祉士会  事務局
TEL 097-551-6555 

FAX 097-547-9936
(火~土曜日 10時~16時開局)

大分県介護福祉士会 支部研修のご案内

3月の研修会は、コロナウイルス感染対策として、中止することとなりました。延期となった支部研修の新たな日程につきましては、こちらのホームページをご覧ください。

                               関 係 各 位
大分県介護福祉士会の会員は8支部いずれの研修会も
全て会員価格にて受講できます。
新鮮な『気づき』があるかもしれません!
支部の垣根を越えて仲間との情報交換にもトライしてみてください!

●日田支部
 第2回研修会『移乗について~抱えないか介護』
        3月12日(木) 19:00~21:00(受付18:45) 会場:翠明館多目的室
          
        
●豊後大野支部 ※延期となりました。
 第5回研修会『事例検討:クレーム対応について』
        3月10日(火) 18:30~(受付:18:00) 会場:紫雲荘デイサービス
●臼杵支部
 第4回研修会『意見交換会』
        3月25日(水) 18:30~(受付:18:25) 会場:四季の郷デイルーム
●佐伯支部
 第3回研修会『今年度の振り返りと来年度の活動方針について』
        3月18日(水) 19:00~         会場:こころの和なごみ
●由布支部
 第6回研修会『意見交換会&懇親会』
        3月19日(木) 19:00~21:00(受付18:50)  会場:ピソリーノ賀来店
                                会費:1,800円
●日出支部
 第4回研修会『事例検討及び意見交換会』
        4月8日(水) 19:15~20:45(受付19:00)  会場:サンライズ・ビューデイケア

※ 支部研修には非会員の方も受講頂ける研修会もあります。(受講料をお支払い頂きます)
   参加費:会員 無料 ・ 非会員 500円 

※プレミアム会 会員募集!!
  (対象者:55歳以上で、入会後10年以上の方)

 支部研修会 参加申込書はこちらです!

大分県介護福祉士会 第3回研修会のご案内 

大分県介護福祉士会 第3回研修会は、コロナウイルス感染予防の為、

中止とさせていただきます。

********************************************

大分県介護福祉士会 第3回 研修会


テーマ 「事例検討」~排泄~

*************************************
日程  :令和2年 4月5日 (日)
時間  :10:00 ~ 16:00 (会場受付開始 9:30)
会場  :大分県社会福祉介護研修センター 小ホール
対象  :介護福祉士及び介護福祉士を目指す方 医療、介護、福祉職、行政職、
     施設職員の方等
定員  :60名
受講料 :会員      1,000円(資料代含む)
     非会員、一般  5,000円(資料代含む)
申込締切:令和2年3月31日(火)

要綱と参加申込書はこちらから

2019年度 第12回 福祉社会科学講座のご案内

                       事 務 連 絡
                      令和2年2月吉日
会員各位
会員の皆さまには、平素より会の活動につきましてご理解
・ご協力を頂きましてありがとうございます。
標記講座のご案内です。ご参加の程よろしくお願い致します。
*******************************


   「健康寿命延伸に関わる
     地域の福祉人材育成」

会場:大分大学経済学部101号教室
日時:2020年3月21日(土) 14:00~17:10 
基調講演:「会津地域における健康寿命延伸への地域と大学の連携による挑戦」
     -地域連携事業から導かれる介護予防へのアプローチ方法と知見ー
  講師:会津大学短期大学部 教授 渡部 琢也氏

締切:令和2年3月19日(木) 17:00まで
主催:大分大学大学院 福祉社会科学研究科

詳細と受講申込書はこちらから

大分県災害支援セミナー2020のご案内

                                   事 務 連 絡
                                  令和2年2月吉日
会員各位
会員の皆さまには、平素より会の活動につきましてご理解
・ご協力を頂きましてありがとうございます。
標記セミナーのご案内させていただきます。ぜひ、ご参加下さい。

********************************

大分県社会福祉協議会では、来る3月10日(火)~備えあれば憂いなし/災害支援は総戦力~
「大分県災害支援セミナー2020」を開催します。
全国で災害支援活動に取り組んでいる災害NGO結代表の前原土武(とむ)さんによる講演会です。
昨年発生しました、台風被害による現地での協働した災害支援活動について等についてお話いただく予定としております。
参加無料ですので、是非この機会にご参加ください。


    「多機関・団体との協働した
         災害ボランティア活動について」


◆日 時◆ 令和2年3月10日(火)10:00~12:00(受付;9:30~)
◆会 場◆ 大分県総合社会福祉会館4階大ホール(大分市大津町2-1-41)
◆講 師◆ 災害NGO結 代表 前原 土武(とむ) 氏
◆参加費◆ 無料
申込〆切:令和2年2月28日
◆申込方法◆ 別添参加申込書に必要事項を記入しFAXにてお送りください。

◆問合せ・申込先◆
TEL:097-558-3373
FAX:097-558-1296
大分県社会福祉協議会
 大分県ボランティア・市民活動センター

     申込用紙はこちらから