本年度の基本方針・事業計画

29年度基本方針

 会長三浦

昨年は史上初となる全国大会・日本介護学会の合同開催をここ大分の地で開催し

800名を超える同志が参集し成功裏に終了することができた。

大きなテーマだった多職種連携のもと

「我々介護福祉士が福祉の現場の中核を担い、未来を支えていく…。」

参加された皆様にはそんな気概を持たれたのではないかと自負するところである。

 今後に視線を転ずれば、来たるべき平成30年度は

介護保険・障害分野・医療すべての報酬改定が行われる年にあたるとともに

様々な施策が施されることになっていることからも、

29年度はその根拠となる時期にあたり非常に重要な年であるといえる。

 そのような中で、日本介護福祉士会は石本会長のもと各種制度政策に

提言するとともに、生涯研修体系の確立に向けスピード感に満ちた

動きをとっている。

 大分においてもそのスピードに遅れることなく魅力ある研修や

情報提供はもとより未来を見据え福祉人材確保にも注力し

活動を進めていく所存である。