会主催・第2回研修会及びタウンミーティングの開催について

大分県介護福祉士会 研修会
新しい元号(じだい)の介護福祉士の進む道

第1部 大分県介護福祉士会主催
「認知症について
~多職種連携を高めるためのチームとしての知識とスキル~」


第2部 日本介護福祉士会・大分県介護福祉士会共催

「タウンミーティング」

日程  :2019年 11月30日 (土)
時間  :9:50 ~ 16:00 (会場受付開始 9:30)
会場  :J:COM ホルトホール 大分 3F 大会議室
対象  :介護福祉士及び介護福祉士を目指す方 医療、介護、福祉職、行政職、
     施設職員の方等
定員  :100名
受講料 :介護福祉士会、及び他職能団体会員 3,000円
     非会員、一般           5,000円
     タウンミーティングからの参加は会員無料・非会員は1,000円
     学生               無料

申込締切  :申し込み締切11月24日(金)

第2回研修会・タウンミーティング申込書

研修概要
地域において認知症の方を支えていくにあたり、

介護福祉士には今まで以上に多職種連携が求められます。

第1部では多職種連携をテーマに、専門職能団体をお招きして、

介護福祉士と連携を深めるためには何が求められ、

何を必要とされるのかを学びます。
 

大分県介護福祉士会 研修会
新しい元号(じだい)の介護福祉士の進む道 プログラム

11月30日  (受付9:30より)
開会挨拶        9:50~10:00
大分県介護福祉士会 会長  田中 努

第1部 第2回研修会

「認知症について
~多職種連携を高めるための
  チームとしての知識とスキル~」

各ブース開催     10:00~14:00

ブース①「認知症とくすり」
  大分県薬剤師会 (大分大学医学部附属病院) 
  薬剤主任   龍田  涼佑 氏

ブース②「認知症ケア 
  ~認知症の方の気持ちを理解しよう~」
  大分県看護協会 (別府医療センター) 
  認知症看護認定看護師 坂本 理恵 氏

ブース③「認知症の方への食の支援と
              かかわり方」
  大分県栄養士会 (特別養護老人ホーム茶寿苑) 
  管理栄養士   曽我 優子 氏

ブース④「認知症のある人へのコミュニ
    ケーション・食支援に必要なこと」
   大分県言語聴覚士会  (株式会社ハビサポ) 
  言語聴覚士   中村 太一 氏

ブース⑤ 「認知症高齢者の口腔ケア」
       (歯科衛生士の立場から)
大分県歯科衛生士会  (西別府病院)
  主任歯科衛生士  原  德美 氏

**********************************

第2部では、日本介護福祉士会と共催し、九州では初めての開催になります、

タウンミーティングを開催いたします。日本介護福祉士会では昨年より、

石本会長が各地を回り、これからの介護に関する考え、

介護福祉士会の取り組みを直接語り合うタウンミーティングを開始しました。
ぜひこの機会に普段話せない悩みや相談を共有し、

これからの介護福祉士が目指す方向性を見つけ、

仲間づくりのきっかけになれば幸いです。

第2回研修会・タウンミーティング申込書

特別講演   
日本介護福祉士会会長 石本 淳也

熊本県八代市出身。

特別養護老人ホームにて介護職、相談員、介護支援専門員等として勤務する。その後、医療法人社団に入職し、総合相談支援室室長、

通所リハビリテーションセンター長などを経る。
平成20年~ 一般社団法人熊本県介護福祉士会会長就任
平成26年~ 公益社団法人日本介護福祉士会副会長就任
平成28年~ 公益社団法人日本介護福祉士会会長就任
介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員
厚労省社保審介護保険部会・介護給付費分科会の委員など公職を務める。


 
第2部 タウンミーティング 
           14:20~16:00
 座長:田中 努(大分県介護福祉士会)

特別講演       14:20~14:50
『新しい元号(じだい)の介護福祉士の進む道』
日本介護福祉士会 会長 石本 淳也 氏
会場よりQ&A    14:50~15:50
『介護福祉士として求められること』

閉会挨拶 15:50~16:00

懇親会先着40名 ※事前申込者のみ18:30~ 
会場:オロチと柊 参加費 4,000円
大分市中央町2-1-23 サンクビル2F